高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年09月23日

骨密度126%!90歳読者に学ぶ元気な体を維持する秘けつは?

20517057

(静岡県 M・T)

私はこれまで、これといった大きな病はありませんでしたが、「腰部脊柱管狭窄症」で足のしびれと膝の関節のしびれがありました。

痛みは少し改善され、現在は定期的に整形外科の院長先生の診察を受けています。

先日、骨密度の検査をし、同年代の値と比較した結果、126%という値で、院長先生も驚いておりました。

尿、血液、胸のレントゲン、心電図の検査をしたところ、先生から「当分大丈夫」と説明され、安堵しました。

私は毎日早寝早起きしています。夜9時にはベッドに入り就寝します。目覚めも早くて、朝は腹式呼吸と全身体操をしています。

朝食は嫁の手料理に納豆1パック、バナナ1本を頂きます。昼食の後にはヨーグルトも食べます。

夕食も嫁の手料理。一家団欒で嫁との会話も弾みます。後片付けも嫁にお任せして一日が終わります。

規則正しい生活とバランスの良い食事で、元気に過ごしています。(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る