高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年11月05日

被害甚大!突然の猪の襲来

4699260

静岡県 T・M

 私は日々、野菜作りを楽しんでいます。農薬は使わないと心掛けて、虫がいないかと見回っています。虫がいるとすぐに処置し、草を取り、肥料を施し、土寄せをして、収穫を楽しみにしておりました。

しかし、私たち家族の夢も希望も踏みにじる出来事が起きました。猪の仕業です。

美味しい坊ちゃんカボチャが20個もなり、嬉しくて収穫が楽しみでしたが、めちゃくちゃにされてしまいました。端から順に里芋も全滅。さつま芋はまだ細いのに全部抜かれて、食べられる物は食べ、山芋も10株ほど食べられました。大豆を播いた処は大荒れです。

人の話によれば、ミミズも食べるとの事。まるで耕運機でもかけた後の様です。あまりの酷さに呆然とするばかりで言葉も出ませんでした。変わり果てた野菜の姿、いくらなんでも酷すぎる。

猟をやる方に見に来てもらったところ、山から来て、JRの上下線を踏み越えて登って来たとの事。足跡も見つけてくれましたが、どうする事もできません。

市役所の方も見に来て下さり、なにか仕掛けてくれるそうですが、被害に遭った畑は泣き寝入りです。

この頃はあちこちで猪や鹿や熊が出ると報道されており、これは大変なことです。畑で作業中に来られて暴れられたら、年寄りでは参ってしまいます。

雨戸を閉めた夜の出来事で良かったのかもしれない。畑の味をしめて、また来るのではと心配が募る今日この頃です。(老友新聞社)

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 乳児にハチミツは危険!?知っておこう!祖父母世代とは違う「孫育て」の常識・非常識

    夫婦のいる一般世帯における夫婦共に就業者、つまり共働きの世帯の割合は47.6%だそうだ(平成27年国勢調査就業状態等基本集計結果より)。… 続きを読む
  • 1035307
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る