高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年11月06日

「しわぐ」「おぞい」分かりますか?~想い出の方言

20639804

島根県 S・M 

全国から人が集まる寄り合いの際は、ついお国言葉で会話してしまいます。

鹿児島の「おいどん」は、私の出身の出雲弁では「おら」と言います。これは皆様も「自分の事」と理解できると思いますが、中には難しい方言もありました。

 

友と共同生活をしていた頃の話。入浴の時に「ばくらとする」と言うと、「何!ばくちだと?」と友は言う。これは出雲弁で「ゆっくり落ち着く」の意味だと説明すると納得されました。

また、「あの班長は短気で、よく『しわぐ』(叩く)から『おぞい』(怖い)」と言うと、怪訝な顔で耳を傾けておりました。

方言は生まれて以来使っているので、標準語ばかりでは離せません。「何?」と聞き返されて、気づけば訂正もしますが、染み付いた方言と訛りである『だんだん』(ありがとう)は出雲弁の最たるものです。

アルバムを眺めながら、ふと往事を偲びました。(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 乳児にハチミツは危険!?知っておこう!祖父母世代とは違う「孫育て」の常識・非常識

    夫婦のいる一般世帯における夫婦共に就業者、つまり共働きの世帯の割合は47.6%だそうだ(平成27年国勢調査就業状態等基本集計結果より)。… 続きを読む
  • 1035307
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る