高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年04月27日

失言問題に揺れる政界に読者から一言。年をとっても政治に目を光らせていたい!

329805

神奈川県 T・S

「雪が解けると何になる?」

都会の子供は「水になる」と言う。しかし東北みちのくの子供たちは「春になる」と言う。それだけに春が待ち遠しいのです。

雪解け水が田んぼを潤す。私の実家は山形。3月に入ると田んぼに水を張ります。そうして4月になると、育てた早苗の田植えが始まる…。

 

神世の昔から日本は農業で栄えた国です。しかしその日本はもう「ため息」をつくような農業になってしまったのです。

種蒔きから収穫まで、一年の仕事です。苦労を実りにするのが政治であると思う。食の安全を言う前に、作物を作ることに力を入れ、行政と民間が協力して自給率向上に努めるべきだと思う。

今、政界では度重なる失言問題に始終している。国家100年の計と銘打って議論してほしい。政治はバラエティの場ではないのです。国の将来を考える国政であるべきです。

人間が生きてゆく先を見据えてこそ政治の役目です。私は畑を借りて野菜を作っているが、小さい市民の行動が自給率を上げることに繋がる。そう思いながら今日も畑を耕している。

老人になっても老体にならず、明日の政治に目を輝かせている昨今です。とくに農業問題に!(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る