高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年08月31日

襦袢に綿入れが通学服。「ノミ、シラミとの闘いだった」~82歳読者からの投稿

6744208
(神奈川県 T・S)

昭和になって初めての「イノシシ年」生まれ、82歳の老人です。
東北の山村で生まれ育ち、農業の手伝いをして過ごしました。

学校は国民学校でした。
週一回の朝礼で、校長先生の話といえば、戦争の話ばかりでした。
通学の着物は「襦袢」に「綿入れ」でした。

朝礼の際、講堂には朝日が差し込み、衿元を照らします。すると綿入れの衿元から、暖かさを求めて「シラミ」が出てくるのです。
同級生が後ろで私の背中をたたき、小さな声で「でてきたよー」と私に。
それがイヤで学校を休むことが多かった。今でいう「イジメ」の始まりかと思うのです。
農家の居間には、寒い時期には必ず「ムシロ」が敷いてあった。ワラムシロは暖かいのです。しかし「ノミ」がわくのです。

春先近くになるとムシロを取り除いて板の間にするのですが、ムシロをはがして外に出して干すと、ホコリやゴミと一緒に「ノミ」がたくさんいるのです。この「ノミ」が足にくっついて血を吸うのです。
今のように薬もなく、父母は潰して退治していたのを覚えている。

終戦になって間もなく学校で「DDT」を袖口や背中から吹きかけ駆除しました。このような事をしてまで、学校に通って勉強をしました。

今では「ノミ」や「シラミ」はどこへ消えたのか。
長い人生、色々な経験をしてきたが、一つ一つの積み重ねから時代は経過しているので、大切に語り継ぎたいと思っている。(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る