高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年07月09日

熊本地震「その時私は」(前編)

8295609

熊本県 I・Y

「絶対安全な地域」と言われていた熊本で、県・市町村すべてが「想定外」だった震度6・7の地震と余震が熊本地方を襲い、身震いする衝撃的な恐怖感と不安を覚えた。

郷土のシンボル熊本城の櫓、石垣は崩れ、名勝・水前寺の池は干上がるなど、その爪痕の大きさに唖然とするばかりであった。

その日4月14日午後9時26分、そろそろ寝ようかと思っていた時、突然グラグラミシミシ……。「地震だ!!」と思わず落下の危険がよぎった天井に両手を差し向けた。その後すぐに隣室にいた妻の無事を確認、その夜はまんじりともせず家の中で過ごした。

夜が明けて家の周りを見上げれば、2階の屋根瓦がずれて落下しそうになっており、家の内装も土壁が一部落下し、ところどころにひびが散見される。

台所周辺は?・・・見れば、幸い茶タンス等の倒壊はなかったものの、中の茶碗や皿、コップ等が割れて約2割は廃棄処分。

幾分片付けは終わったが、生活インフラである電気、水道、ガスは全てOFF。その日はなんとかやりくりして過ごし、震度6の「本震」が終わったので、あとは小さな余震位・・・と安易に考えておりました。

すると翌々日16日午前1時25分、今度は前回の地震よりも大きな揺れが襲ってきた。後で分かったが、これが「本震」とのこと。

近所の人たちの思いやりで、私たち年寄りは車に乗せて頂き、2キロ先の死の避難指定地の中学校に行ったが、避難施設の講堂は「危険」とされたため、グラウンドになんとか駐車、その晩は寝苦しい車中泊になった。

夜明けと共に帰宅。幸いその日、福岡から長男が見舞いに来てくれ、一緒に後片付け。

まだまだ余震が心配されたので、夜は長男の車で再び中学校のグラウンドに行ったが、満車のため仕方なく近くの高校に。こちらも講堂は「使用禁止」で、やっとグラウンドに駐車、親子三人で車中泊となったのだ。

(続く)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 乳児にハチミツは危険!?知っておこう!祖父母世代とは違う「孫育て」の常識・非常識

    夫婦のいる一般世帯における夫婦共に就業者、つまり共働きの世帯の割合は47.6%だそうだ(平成27年国勢調査就業状態等基本集計結果より)。… 続きを読む
  • 1035307
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る