高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年07月26日

83歳で足がなくなる!~免許返納体験記

19088915

静岡県 S・O

 私は5年前に2回目の腰の手術をしたのですが、その後、子供たちから車の運転を止めるようにと言われました。

免許証返納など、考えてもいなかった私は、予想外の事に呆然としてしまいました。しかし年を考えてみれば止めるしかないと、泣く泣く50年近く続けてきた運転を止めることにしました。83歳の事です。

 病院や買い物へは家族に頼むとして、バスも無く、自転車は最初の手術後に止めていましたので、足が全くなくなり、シニアカーを購入しました。

 歩く速度とほぼ同じ時速6kmにイライラの連続で、私の友人も免許返納後に大変だったと話していたのが良く分かりました。

高齢になっても運転はできる。あともう一度更新……と思いきれないのは当然です。外出のための足が無く、友達も年々減り、一人取り残されたような寂しい気持ちになりました。

 心の穴を埋めるように、趣味と生きがいを持ち、老人会をはじめ人との関わりを積極的に作り、外へ出てゆく努力をし、一日一日を楽しく過ごしたいと思います。

 今日は行く所がある。今日はすることがあるというような毎日を望み、趣味の甲斐にも参加していますが、一番の趣味は畑の野菜作りです。春になれば種蒔き、そして成長が嬉しい日々が来ます。

 今は時速6kmの速度で、1時間くらいの範囲内で集まりや用事を楽しんでいます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 健康維持の鍵はウォーキングの継続!日本1周8955㎞が目標?バーチャル日本一周「歩こうかい」の活動

    続きを読む
  • 14125287
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る