高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年07月27日

機械化前の農業~苦労人だった主人

主人の苦労に感謝写真

静岡県 M・T

私は19歳の時に、親同士が決めた縁で結婚をしました。

嫁ぎ先には庭に小池があり、牛を飼育しておりました。持参金付きの養子で、姑は片目の方です。5年生の義妹に毎日苛められましたが、20歳の主人は労わってくれました。洗濯、食事作りは嫁の務めですから。

 

塩を舐めながらの牛の世話

牛舎での仕事は、干草と藁を切り、糠と混ぜ、餌桶に入れます。すると牛は美味しそうにたくさん食べました。池の水を大きなバケツで与え、牛はのどを潤していました。私は牛舎に固い塩を持ち込み、舐めて凌いでいました。

 

春は草刈りをして牛に与え、夏は干草にするのも私の仕事でした。主人は牛を柱に結わえ、毛にブラシをかけ、水で洗い、可愛がった。田均しは牛を使い、私は田植えの上手な姑と夢中で植えました。

 

私が嫁ぎ10年が経った頃、義妹は結婚し、私は安堵しました。舅は間もなく病気を患い亡くなられ、そして主人が一家の主となったのです。

秋が終わると、牛の背に鞍を置き、道草防止に竹口輪をし、手綱で操りました。

主人は霜にもめげずに働き、その賃金で生活をし、一男二女を一人前に育てました。

 

年月が流れ、農業の機械化の兆しに、姑と相談して牛を手放し、トラクターに乗るようになりました。可愛そうだが仕方がありません。

「モウー」という鳴き声に、「牛さんありがとう」と皆涙で見送りました。

 

まだ農業が機械化する前の古い思い出です。

主人の苦労に感謝しています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 健康維持の鍵はウォーキングの継続!日本1周8955㎞が目標?バーチャル日本一周「歩こうかい」の活動

    続きを読む
  • 14125287
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る