高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年07月28日

飲み方がわからない!?西洋文化初体験

Two cups of morning coffee

長野県 S・K

 私がはじめてコーヒーを飲んだのは遙か昔。その時のことを時々思い出します。

 

私が女学校へ行く頃になると、他の地区の人ともお友達になります。ある時友達が、もう一人の友達の家に遊びに行かないかというので、私も喜んでついて行きました。

友人の家は洋品店で、男物のシャツや靴下が並んでいました。

2階へあがっておしゃべりをしていると、お茶を運んできてくれました。見るとびっくり。今まで見たこともない、お茶碗に取っ手がついているのです。そしてさじには角砂糖が2つ乗っています。

私はいったい、これをどうやって飲むのだろうと思っていると、友達も

「これはどうやって飲むの?」

と聞くのです。私は少し恥ずかしい思いをしました。

「これはお砂糖を入れてかき回して、左手に持って飲むんだよ」

と教えてくれました。

 おそるおそる、真似をしながら飲んでみました。一口飲んで

「あー、美味しい!」

と、二人で同時に言いました。

「これ、コーヒーっていうんだよ。西洋のお茶だよ」

と教えてくれたのです。

 

 今は誰にでも馴染みのあるコーヒーですが、初めての出会いは驚きの連続だったのです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの体験や感じていることを伝えましょう。

「投稿 読者コラム」のコーナーでは、随筆や提言、貴重な戦争体験や老人クラブなどでの活動記など、コラムを募集しております。

読者投稿の募集はこちら


  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る