高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

かがやく人

かがやく人

2017年09月21日

心と体が健康であるために キルト作家・キャシー中島さん(2)

pic1_1

明るい笑顔を絶やさないキャシー中島さん。インタビューの間も、テレビや雑誌の印象そのまま。そこにいるすべての人を包み込むように、優しい言葉で話してくれました。あふれるようなその健やかさの秘密は何でしょう。キャシーさん流の健康習慣を聞きました。

嫌なことをため込まない。心はいつも軽やかに

元気の秘訣? そうね、根に持たないことかな。

精神的にいつもリラックスしているから、嫌なことがあっても、日々そんなにつらいと思うことはありません。昨年は皮膚がんを患いましたし、指の病気をしたこともあります。でも、年を重ねれば多かれ少なかれ体の不調は起きうることで、自分が特別なわけではありません。そういう風に受け止めています。

もちろん、自分ががんだと聞いたときにはショックを受けました。でも、自分を信じていましたから。サポートしてくれる家族の愛情もあって、心が病んでしまうことはありませんでした。

これから先も何が起きるかわからないけど、おかげさまで、両親が丈夫に産んでくれました。今は朝起きて、今日もお天気だわとか、今日は雨ね…と思い、1日を始める…。そんな生き方をしています。

3 (2)-thumb-660x440-348

日々のプチ不調は、前向きに自分で対処

ふり返ってみると、60代になってから足腰が痛かった時期がありました。どうしようかなと思って健康書を読んでみたら、筋肉を鍛えろとか、貧乏ゆすりをするといいって書いてあってね。一生懸命やってみたら、3カ月くらいで治ってしまいました(笑)。

あれは人生の切り替えどきだったのかな、だから体のあちこちが痛かったのだろうと解釈しています。

他に健康のために特別な運動はしていませんが、毎日、5000歩くらいのウオーキングは欠かしません。50代半ば過ぎにはね、夫の勝野洋(かつのひろし)とふたりで夢中になって2時間くらいウオーキングしていたこともあったんですよ。そのころに足腰はだいぶ鍛えられたから、5000歩くらいはぜんぜん平気なんです。

健康診断の結果が、私たち夫婦の誕生日プレゼント

人間ドックは毎年受けています。40歳になったときに、夫とその結果をお互いの誕生日のプレゼントにしようと決めて、もう25年くらい続けています。

検診を受けると、2週間くらい後に結果が届くでしょう? それを見せ合って、「あなたはお酒を飲み過ぎたから、この数値がよくないじゃない?」「お前は食べ過ぎだから、肥満って書いてあるよ」なんて、笑って話すんです。加齢のせいで数値は多少変わってきたけれど、いまのところ理想の範囲内にありますよ。

検診を受けて体の傾向を知っておくって、心強いですよ。何かの数値が昨年より急に悪くなったら、どこかがおかしいとわかるでしょう? わかればすぐに診てもらえます。

肺がんで娘(七奈美さん)を亡くしてからは、まわりの人にも勧めるようにしています。とにかく行きなさいって。


キャシー中島(きゃしーなかじま)さん

キルト作家。ハワイアンキルトやパッチワークキルトの作品を数多く発表し、国内だけでなく、海外にも赴いてその指導にあたる。キルトの本場アメリカでの評価も高い。一方、タレント活動も。俳優・勝野洋の妻として、手芸家・勝野洋輔の母としてパワフルな毎日を送っている。著書は『キャシー中島のわくわくハワイアンキルト』『キャシー中島&洋輔のいつでもハワイアンキルト』(共にKADOKAWA)他多数。


【関連記事】

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る