高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2016年05月07日

死刑廃止が決まったら7割の人が「従う」

keimuso

国連の数回による勧告にもかかわらず、死刑制度をやめない日本。昨年発表の死刑制度存廃を問う政府の意識調査で、「死刑もやむを得ない」という回答が8割に上ったのに対し「廃止すべきである」は1割未満でした。

この結果に対し、イギリス在住の犯罪学者、佐藤舞氏らが独自の調査を行いました。

前述の政府調になかった「(存廃について)どちらともいえない」という選択肢を入れるなど独自の工夫をしたところ、存置(存続)派の比率は7割程度。この点は政府調と差はありませんが「政府が死刑廃止を決めたら、どう国民は対応するか」と、質問したところ、7割が「従う」と答えました。

「死刑制度は、日常的に熟考する話題ではなく、そのため世論調で存廃を尋ねられた場合、存置国家に住んでいる以上、存置が基本姿勢となる」と結論づけています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 健康維持の鍵はウォーキングの継続!日本1周8955㎞が目標?バーチャル日本一周「歩こうかい」の活動

    続きを読む
  • 14125287
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る