高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年07月24日

請求はがき詐欺…3月以降多発の傾向。不安な場合は国民生活センターに連絡を!

18834646

「民事訴訟管理センター」という架空の団体からのはがきによる「振り込め詐欺」が3月以降多発しています。国民生活センターによれば、3月には409件、4月には552件の相談が寄せられました。

くらしと統計

はがきに書かれているのは
①「総合消費料金」の未納があり、裁判を起こす。
②取り下げてほしければ、「民事訴訟管理センター」まで電話せよ。
③連絡なき場合、財産を差し押さえる。
ということ。

指定の電話番号にかけると、「弁護士」にプリペイドカードを購入するよう強要されます。正規の弁護士という保証はないので、そのまま無視しましょう。
万一、携帯料金などを滞納した場合でも、ハガキ一枚で裁判になるようなことはありません。

不安な場合は、国民生活センター(消費者ホットライン188)に連絡しましょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る