高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年10月02日

子ども旅行先「国内」が6割…世界への関心薄れ「内向き指向」へ

20670782

日本の子どもは「世界全体」への関心が薄れ、「内向き」志向になりつつある―博報堂が行った調査の結果です。
同社は、10年ごとに子ども(小学4年生~中学2年生)の娯楽指向などについて調べています。

「家族旅行で、行きたい場所は?」との質問に「国内」と答えた子どもは、過去最高の60%。「外国」の2倍に当たります。20年前の1997年には外国が国内を上回っていましたが、2007年に逆転。7%程度だったその差が今回広がっています。

くらしと統計「子ども旅行先「国内」が6割」写真

旅行の場合は、家庭の経済的な事情もあるでしょう。しかし、「世界全体と日本のどちらを第一に考えるべきか」という質問にも、「日本」が「世界」を抜きました。

世界の課題が噴出した20年の間に、徐々に「内向き」になってきた日本の子どもが少し心配です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る