高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年02月01日

中国人の爆買いは30年前の日本人と同じ?!回り道した人生を振り返る<市田ひろみ 連載11>

eyecatch_tekaratehe

人類の長い歴史の中で、私たちは、たまたま「80年」という時間を頂いている。

日本人は先進的な文化と、伝統的な文化をバランスよく両輪で支えながら、豊かな暮らしを享受することが出来た。

今、中国人観光客の、日本における行動を「爆買い」と揶揄しているが、実は30年前は日本人も同じことをして来たのだ。

ブランドのバッグや時計が、どんなにうれしかったか。似合っても似合わなくても、とにかく、持つことがうれしかった。これは国家の成長のエネルギーなのだ。

 

年を重ねると、あれもこれも欲しかった時代は終わって、80年の人生をどのように生きたら良いのだろうと、問われているように思う。

私は今も現役で、講演や執筆に追われているが、そろそろ仕事量を減らして、人生を楽しむ方向にゆくのが良いと思う。

私の人生は、OL・女優・美容師・きもの・CM・世界の民族衣装。波乱万丈だったけど、何とか積み残した荷物のように仕事があって良かった。

世界の民族衣装の研究の取材ノートは、すでに百冊を超えている。私の訪れた世界の国の小さな村で、ふれあった人達のことを書きたいと思っている。これは、大きな私の宿題だ。1968年から地球を何周しただろうか。

 

ところで、私のニューヨークの宿は、しばらくウォルドルフ・アストリアホテルだった。

団体旅行ではなかったので、朝食は1Fのレストランだった。

毎朝、母と行くので、ページボーイのK君と短い会話をするようになった。

ある日の朝も、元気よく挨拶をして、おしゃべりをしてくれた。

「僕はチャーチルのカバンを持ったんだ。大きな人で、手も大きかったけど、やわらかい、暖かい手で、僕の手をにぎって、サンキューって言ってくれたんだ」

K君は14歳からこのホテルで、ページボーイとして働いた。

「世界中の人達が、子ども扱いだった僕を大事に扱ってくれた」

彼のユニフォームの中には、世界中の人々とのふれあいがつまっている。とりわけ、ウィンストン・チャーチルのカバンを持ったことは、彼の誇りなのだ。

ハイスクールも出ていなかった少年は、世界中の人々のトランクを運びながら、ウォルドルフ・アストリアの顔になった。彼は、ひとすじの道を歩いたのだ。

学歴や成績なんて、人生を決める決定的なファクターではない。立ち止まりながら考える、駅のようなものだ。遠い道、近い道、まわり道、どの道も、ふり返ればなつかしい。

 

私もまわり道をしながら歩いた。辛いこともあったけど、父や母は、最大の味方だった。友達も多い方が良い。

 

今は世界中からクリスマスカードが来る。ニューヨーク・パリ・ロス、超一流のブティックばかり。

ええーー?これって、「爆買い」の遺産!!

 

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

市田 ひろみ
  • 服飾評論家

重役秘書としてのOLをスタートに女優、美容師などを経て、現在は服飾評論家、エッセイスト、日本和装師会会長を務める。

書家としても活躍。講演会で日本中を駆けめぐるかたわら、世界の民族衣装を求めて膨大なコレクションを持ち、日本各地で展覧会を催す。

テレビCMの〝お茶のおばさん〟としても親しまれACC全日本CMフェスティバル賞を受賞。二〇〇一年厚生労働大臣より着付技術において「卓越技能者表彰」を授章。

二〇〇八年七月、G8洞爺湖サミット配偶者プログラムでは詩書と源氏物語を語り、十二単の着付を披露する。

現在、京都市観光協会副会長を務める。

テレビ朝日「京都迷宮案内」で女将役、NHK「おしゃれ工房」などテレビ出演多数。

著書多数。講演活動で活躍。海外文化交流も一〇六都市におよぶ。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る