高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年10月20日

「秋の風」~もっときものを楽しんでください<市田ひろみ 連載19>

eyecatch_tekaratehe

「あつい、あつい、あついなあ」
八月の熱帯夜も、すでに十日あまり。京都は盆地なので、空気が動かない。

私が子供の頃は、夕方になると夕立が来て、むっとした暑さをさましてくれたものだ。だけどこのところ、夕方になっても期待する雨も来ず、いきなり夏から秋がやって来る。
でも京都の人はあわてない。

京都には「門(かど)はき」という習慣があった。
丁度、私達が学校へ行く時間に、隣のおばさんが自分の家の前をはく。
自分の家の敷地の中だけはく。
隣の家の前をはくと、その家の奥さんに恥をかかせたことになるのだ。
「おはようございます」
「おはようさんどす。あつおすなあ」
これ、たとえば大阪のおばさんだったら、
「ゆうべはあつかったなあ。寝られへん。たまらんなあ」
と三倍くらいになる。
京都、中京の人たちは、あわてずさわがずなのだ。

子供の頃から
「みせびらかしたらあかんえー」
「一人だけ目立つようなことしたらあかんえー」
「えばったらあかんえ」
とかく目立つことをいやがる。
また子供もそうした環境で成長する。

ミニスカートの流行も、京都が一番遅かったそうだ。流行にはすぐに飛びつかない。
すぐにうれしがって流行に飛びつくのは、はしたないことなのだ。
でも、秘密主義ではなく、ここ一番という時に、はずかしくないもので主張する。
「たいしたもんやあらへん」
と言いながら見せるのだ。

最たるものが祇園祭の屏風だ。
中京の商家の表の間に家伝来の屏風を出して、通る人が見られるように、表通りを空けておく。
そぞろ歩きの人は、博物館で見るような屏風やしつらいを、散歩しながら見られるのだ。
「うちにはこんな屏風、ありますのえ」
ということだ。

京都御苑の蝉の声も静かになり、テラスの網戸に、朝、蝉がとまって短い最後の夏を過ごしている。
秋の知らせだ。

このところ、京都の四季は等しくはめぐってこない。春と秋が短い。
中京の人達は
「しのぎようなりましたなあー」(しのぎやすくなりましたね)
日常語の中には使われなくなった「しのぐ」も、季節の挨拶の中にはちゃんと生きている。
それも、さりげなく古風なものいいが生きているのだ。

京都東山は外国人のきもの姿があふれている。
中国人が主流で、最近はヨーロッパの人も多くなった。レンタルきものだ。
きものに対するあこがれは強く、きものを借りて、着付けをしてもらって5千円だったら、あこがれのきものを着ようということだ。京都観光の風景となっている。
一方で、夕食に行くのに、きものを着て出かける人が多くなった。
観光客も、京都の人も、京の町をきものでたのしもうということだ。
ちょっと朝夕、涼しくなって、きものを着る季節がやって来た。
たんすのこやしにしないで、きものを楽しんでほしいと思います。
(老友新聞社)

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

市田 ひろみ
  • 服飾評論家

重役秘書としてのOLをスタートに女優、美容師などを経て、現在は服飾評論家、エッセイスト、日本和装師会会長を務める。

書家としても活躍。講演会で日本中を駆けめぐるかたわら、世界の民族衣装を求めて膨大なコレクションを持ち、日本各地で展覧会を催す。

テレビCMの〝お茶のおばさん〟としても親しまれACC全日本CMフェスティバル賞を受賞。二〇〇一年厚生労働大臣より着付技術において「卓越技能者表彰」を授章。

二〇〇八年七月、G8洞爺湖サミット配偶者プログラムでは詩書と源氏物語を語り、十二単の着付を披露する。

現在、京都市観光協会副会長を務める。

テレビ朝日「京都迷宮案内」で女将役、NHK「おしゃれ工房」などテレビ出演多数。

著書多数。講演活動で活躍。海外文化交流も一〇六都市におよぶ。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る