高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年01月17日

「菊日和今日為すことを声に出し」2019年1月入選作品|老友俳壇

老友俳壇

老友新聞2019年1月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

菊日和今日為すことを声に出し

近藤 貞子

「あれをして、これをして」と忙しい主婦、いかにも元気よく働きそうな様子を想像させます。「声に出し」がいいと思います。菊日和なら仕事も進むでしょう。

木枯やあの子この子の事思う

松岡 ツルヱ

何かと子を案じるのが親心ですが、それぞれの子を思う心情に、いよいよ寒くなる木枯の季節がぴったり合いそうです。とても真実味があります。

冬の空広げて帰る庭師かな

岡部 公二

庭木の手入れをしたあとの清々しさを空の広さで表現した作品ですが、庭師が広げたと捉えたのが面白いと思います。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

日本老友新聞・新聞購読のお申込み
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る