高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2016年05月04日

2016年5月入選作品|老友俳壇

eyecatch_haiku

春炬燵母を亡くせしひとと居て

平岩 しずか

母を亡くした人をさりげなく労る様子を想像させます。いまこの人にどんな言葉をかけても悲しみを除くことは出来ない。一緒に居てあげるしかないと思っているような作者の深い思いやりがしのべます。

夜濯ぎのすぐ乾きそう月明かり

仲野 まつ乃

月の明るさで濡れた衣類が乾く筈はないのですが、それは物理的な理屈で、感覚的には確かに乾きそうな気がします。俳句は理屈ではないことを今更ながら思います。なおこの句の季語は夜濯ぎ(夏)です。念のため。

梅日和仲間を増やし雀どち

清野 佐知子

梅の木やその辺りで啄む雀、二三羽だったのが沢山来て戯れている光景が目に浮かびます。作者も雀もこの日和を楽しんでいます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る