高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2017年01月31日

2017年1月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

一 席

夜の海にただ一隻の観光船灯りいっぱい玄海を往く

多田 シズモ

灯りを煌々と輝かせて行く一隻の観光船。そこだけが明るいのです。詩情あふれる一首です。

二 席

夜の窓にきらきら走るモノレール『銀河鉄道』さながらに観ぬ

山岸 とし子

モノレールを見て、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を思い起こしたのですね。それぞれの人にそれぞれの銀河鉄道があります。

三 席

雨戸より光の束が射し込みて鳥のさえずりかすかに聞こゆ

福田 浩明

雨戸から差し込む「光の束」に、早朝の明るさ、新鮮さがよく表現されています。

佳作秀歌

夕暮れて帰れば寄り来る猫たちへ詫びを言いつつまず餌をやる

塩谷 千鶴子

餌をねだる猫たちと餌をやる作者の姿が、夕暮れの風景にくっきりと浮かんできます。

初雪が万物一切白く染め雲間にわずかお日様光る

葛西 ヤヨヒ

「万物一切白く染め」という強い表現に、北海道の雪の静謐さが込められています。

縁台に吊るし柿の映る影かすかに揺れるその影長し

荻野 徳俊

「吊るし柿の影」に焦点を絞ることで、秋の空気までも読者に伝わるようです。

吾が街も秋深まりて柿ひとつ名残惜しげに青空に映ゆ

阿部 サウ

一つ残った柿の朱色が空の青に映えます。柿は鳥のために一つ残しておくのだそうです。

引っ越して空き家と知りつつ通るたびもしやと振り返ると言う友

宮本 ふみ子

いないとわかっているのに、もしかしたらと思うお友達の気持ちが嬉しいですね。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る