高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年02月12日

「生国はいずこの森か鉛筆を削ればかすかに木の香が匂う」2019年2月入選作品|老友歌壇

老友新聞2019年2月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

生国はいずこの森か鉛筆を削ればかすかに木の香が匂う

松尾 勝造

鉛筆を削る時にふと持った感慨。どこの森から伐り出されたのだろうかと思いを馳せる時、その森へのロマンが広がります。

二 席

小走りに横断歩道を渡る児の黄色の帽子が夕陽をはじく

荻野 徳俊

黄色の帽子が夕陽を「はじく」と捉えた。急いで渡る子供と晩秋の風景が読み手に生き生きと伝わります。

三 席

盤根に三百年の時秘めて丹波に生きるおがたまの木よ

岸 慶子

丹波市兵主神社にある樹齢三百年といわれるおがたまの木。「盤根に三百年の時秘めて」の表現が様々な歴史を感じさせます。

佳作秀歌

尾鈴嶺の稜線闇に消ゆるときふと哀しみの胸をよぎりぬ

青柳 忠良

尾鈴嶺という大きな景が闇に包まれる頃、ふと感じる哀しみ。共感を誘います。

夕間暮れ今日のねぐらの相談かカラス群れなしぐるぐる廻る

小林 良一

カラス同士でお喋りをしているような夕方の景を、ちょっとユーモラスに描きました。

運動会スタートラインに立つ孫は手を振るわれに手を振りかえす

飛田 芳野

今まさに走ろうとしている時にも、おばあちゃんが手を振れば振り返す孫の可愛さ。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る