高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2017年01月27日

足の爪が白濁。その原因は…?

足の爪が白濁.fw

足の爪が白く濁っています。

66歳の男性です。足の爪の濁りについて教えてください。

私は、小さな工場で車の部品を作る仕事をしており、その際、履物は自由で、サンダルのようなものを履いておりました。

ところが、安全の為に、きちんとした靴を履くようにと決まりまして、それ以来革靴を履くようになったのですが、しばらくすると足の爪が白っぽく濁ってきました。

嫁は水虫ではないかと言いますが、かゆみも痛みもありません。爪に水虫ができるわけがないと笑っていましたが、なかなか治りません。爪の濁りは、靴が足に合わない為でしょうか。それとも妻の言うように、水虫なのでしょうか。

答え

水虫菌が爪に感染
皮膚科で診察を

爪が白く濁るという事でのご相談です。爪が白く濁るという状況では、奥様が心配をされている通り、「爪白癬」と呼ばれる爪の水虫であることがほとんどです。

爪白癬は、爪そのものにはかゆみや痛みなどの症状が現れずに、爪が白くなる、爪が分厚くなるというのが典型的な症状です。

基本的に、一般的な足の水虫がある方に、一緒に出てくるということが多いです。おそらく仕事場での履物をサンダルから革靴に替えたことにより、通気性が悪い、蒸れやすい、汗がたまるといった、水虫が繁殖しやすい環境が整ってしまい、本来少しだけ存在していた水虫菌が、爪にも感染して、繁殖してしまったのだと思われます。

家族感染に注意

そのまま放置しますと、爪を切った際などに、爪切りや爪の切りくずなどから、ご家族に感染してしまう恐れもございます。

そのため早急に治療を進めなければならないのですが、爪白癬というものはなかなか厄介です。薬を塗っても、爪ですので、薬剤が浸透しないため、普通の水虫の塗り薬では治りません。飲み薬などを使った専門的な治療を行なう必要がありますので、一度皮膚科へご相談ください。

爪白癬以外で爪が白く濁る病気というものを考えますと、可能性としては低いのですが、爪の根元の、爪を作る元となる細胞に異常が起こり、その部分だけが縦線状に白くなるという事があります。

あるいは、内科の病気ですと、肝硬変によって爪が白くなるということもあります。しかし肝硬変の患者さんの場合、肝臓の数値が高くなる、黄疸が出る、腹水が出るなど、そのような症状も一緒に現れることが一般的です。万一、肝硬変の症状に心当たりがある場合には、一度チェックをしておいた方が良いでしょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


高谷 典秀 医師
  • 医療法人社団同友会 理事長
  • 順天堂大学循環器内科非常勤講師
  • 日本人間ドック健診協会 理事
  • 学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授
【著書】
『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』出版:株式会社法研(平成27年7月)
【メディア出演】
BSフジ「『柴咲コウ バケットリスト』in スリランカ 人生を豊かにする旅路」(平成28年1月)
NHK教育テレビ「きょうの健康」人間ドック賢明活用術(平成27年5月)
NHKラジオ「ラジオあさいちばん 健康ライフ」健康診断の最新事情(平成25年11月)
  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る