高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2017年10月11日

お腹にガスがたまりグルグル音がして苦しい…体質か?病気か?

10421636

便秘でもないのにガスがたまります…

67歳の女性です。ここ数年ですが、お腹にガスがたまりやすくなって、苦しい思いをしています。

便秘ではなく、毎朝必ず便は出て、ガスも出るのですが、それでも時間が経つにつれて、どんどんとお腹が膨れて、痛くなるほどです。

お腹にガスが溜まってくると、グルグルと音がして、静かな場所では恥ずかしい思いをすることもあります。

以前はこのような事はありませんでした。体質なのか、それとも病気でしょうか。良い改善法があれば教えてください。

答え

慢性的症状の場合は
運動・生活習慣改善を

お腹にガスがたまって苦しいという方からのご相談ですが、この方のように、お腹にガスがたまってしまっている状態を、医学的には「鼓腸(こちょう)」と言います。

原因には色々とありますが、たとえば、今までなんともなかったのに、最近急にガスがたまるようになってしまい、痛みもあるような急性的な症状の場合、腸閉塞などの根本的な治療が必要な病気である可能性も考えられます。腸の内部が、たとえば大腸がんなどにより物理的に詰まってしまうと、空気も含めた排泄物が通過できなくなってしまうので、お腹が張ってしまうのです。

ですがあなたの場合、数年前から症状が続いていて、血便や下痢などもないようですので、そういった重篤な病気とは考えにくいです。あなたのように慢性的な症状の場合、体質によるものの可能性が高いと思われます。

腸内の気体は、食事で食べ物を飲み込む際に、空気も一緒に飲み込んでしまい、それが腸内にたまってしまうというものと、食べたものが腸内で醗酵をし、ガスが産生され、たまってしまうという2つの原因があります。慌てて食事をすると空気が入りやすくなりますので、よく噛んで、ゆっくり食べるよう心がけてください。また、線維成分が多い食べ物や、豆類、乳製品などはガスを産生しやすいといわれています。なるべく消化のよいものを選んで食べるようにしてみてください。

腸内にガスをためないようにするには、運動も効果的です。なるべくガスをお腹にためないような体質改善、そして生活習慣の改善を行なうことが大切です。

それでも改善せず、症状が酷いようならば、たまったガスを取り除く薬もあります。消化器内科を受診すれば処方してもらえますし、一般の薬店でも購入できます。効果には個人差があるかと思いますが、一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


高谷 典秀 医師
  • 医療法人社団同友会 理事長
  • 順天堂大学循環器内科非常勤講師
  • 日本人間ドック健診協会 理事
  • 学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授
【著書】
『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』出版:株式会社法研(平成27年7月)
【メディア出演】
BSフジ「『柴咲コウ バケットリスト』in スリランカ 人生を豊かにする旅路」(平成28年1月)
NHK教育テレビ「きょうの健康」人間ドック賢明活用術(平成27年5月)
NHKラジオ「ラジオあさいちばん 健康ライフ」健康診断の最新事情(平成25年11月)
  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る