高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2016年02月09日

木の粉塵吸い込み咳と熱が出た

hai01

木の粉塵吸い込み咳と熱が出た

72歳の男性です。先日、肺が痛み出したと思ったら、呼吸もゼイゼイし、咳も出るようになりました。1週間くらい咳が続くと、38度の熱が出て、3日ほど寝込んでしまいました。

その後、熱は下がったのですが、肺の痛みと咳が今も続いています。
原因を考えると、症状が出る前に、日曜大工で木材を削る作業をしました。マスクをせずに、木の粉塵を吸い込んでしまい、咳き込みながら作業をしたことを思い出しました。

以前、石綿を使った作業で肺がんになると報道されましたが、木の粉塵で、肺がんになることはあるのでしょうか。それとも、ただの風邪なのでしょうか。

答え

肺が炎症を起こす 長引くならCT検査を

木材を削った際の粉塵を吸い込み、それが原因で肺がんになるのではと心配されてのご質問です。

粉塵を吸い込み続けるような作業を、長年に渡ってされているならば話は別ですが、今回のご質問のように、一回吸っただけで肺がんになるということは、まずありえませんのでご安心ください。

しかし、症状として、熱が出たり、さらに咳や肺の痛みが続いているということですので、ただの風邪が長引いているということも考えられますが、それ以外の肺の病気も考える必要があります。

特殊な病気として、過敏性肺炎というものがあります。粉塵や有害物質を吸い込んだ際に、肺が炎症を起こしてしまう病気で、原因となる有害物質は3百以上もの種類があります。たとえば、鳥を飼育している人が、鳥の糞や羽に含まれる有害物質を吸い込むことにより、アレルギー反応を起こして発症する「鳥飼病」。また、農作業をされる人が、カビの生えた干し草の中にいる細菌を吸い込んで発症する「農夫肺」などがあります。

長年に渡り有害物質を吸い込み続け、慢性的に症状が現れる場合や、あなたのように、発熱や呼吸困難などが急性的に発症する場合もあります。

もし、今後も同様の作業をされる場合には、必ず防塵マスクをつけて作業をするようにしてください。また、咳や肺の痛みがとれずに長引くようであれば、一度、胸のレントゲンや、肺のCT検査をお受けになった方が良いでしょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


高谷 典秀 医師
  • 医療法人社団同友会 理事長
  • 順天堂大学循環器内科非常勤講師
  • (一社)人間ドック健診協会 理事
  • 学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授
【著書】
『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』出版:株式会社法研(平成27年7月)
【メディア出演】
BSフジ「『柴咲コウ バケットリスト』in スリランカ 人生を豊かにする旅路」(平成28年1月)
NHK教育テレビ「きょうの健康」人間ドック賢明活用術(平成27年5月)
NHKラジオ「ラジオあさいちばん 健康ライフ」健康診断の最新事情(平成25年11月)
  • 今注目の記事!
  • 元気な高齢者を全国へ発信!「ツクバあさん47」(茨城県・つくば市)の活動

    続きを読む
  • 1面「ツクばあさん47」29年5月号写真1
トップへ戻る ホームへ戻る