高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

医療と健康

2016年02月10日

空咳が10年近く続く

seki01

空咳が10年近く続く

99歳の女性です。空咳の連続が、10年近く続いておりまして、お手紙をいたしました。

もう、歳ですので、体力もなくなり、咳が続くと辛いです。食事の最中にも咳が出ることがあり、むせてしまうこともあります。

喫煙歴は無く、痰が絡むという事もありません。

お医者様に診ていただいたところ、私は歳の割には唾液が多く、それが喉にたまって、咳が出るのかもしれないとのお話でした。お薬をいただいているのですが、あまり効果がありません。

ほかに考えられる原因はありますでしょうか。歳なので、仕方がないのでしょうか。また、咳が楽になる方法があれば、教えてください。

答え

適切な薬で治療を 肺繊維症など様々な要因

空咳が10年近くも続いているという事ですが、考えられる原因は様々です。

まず考えられるのは喘息です。高齢になってから初めて喘息にかかるというのは稀なのですが、可能性の一つとしてあげられます。また、肺の組織が壊れて繊維状になり、硬くなってしまう肺繊維症や、間質性肺炎なども空咳が主な症状です。これらは肺機能検査や、CT検査などをして調べる必要があります。

そして、家の中のカビや、ハウスダストなどが原因となるアレルギー反応の可能性もあります。これは採血をして、アレルギーのチェックをすることで検査をすることができます。

他にも、逆流性食道炎というものもあります。寝ている間に、胃酸が喉の方へと上がってきて咳き込みます。朝方に咳がひどかったり、胸焼けなどの症状がある場合は、逆流性食道炎が疑われますので、胃酸を抑える薬を飲んだり、寝るときには上半身を斜めに起こせるようなベッドを使ったり、そういった工夫をすると良いでしょう。

今、かかられている医師の診断では、唾液が多く、喉にたまり、それが刺激になって咳が出るということです。そのお話だけで推察すると、高齢者に多い誤嚥性肺炎も考えられるのですが、誤嚥性肺炎は急性の病気で、熱が出たり、痰が出るなどの症状が現れるものなので、10年以上空咳が続き、痰は出ないというあなたの症状には当てはまりません。

いずれにしましても、咳を沈めるためには、それぞれの原因に合った対処をしなければなりません。現在服用しているお薬が、一般的な咳止め薬であれば、根本的な原因を解消できるわけではありませんので、効果的ではありません。一度、呼吸器内科を受診して、これらの可能性について詳しく調べてもらい、適切な薬で治療を進めると良いでしょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

健康への不安や悩みはありませんか?

健康にまつわるご相談を募集しております。医療法人社団同友会理事長がわかりやすくお答えをいたします。

読者投稿の募集はこちら


高谷 典秀 医師
  • 医療法人社団同友会 理事長
  • 順天堂大学循環器内科非常勤講師
  • 日本人間ドック健診協会 理事
  • 学校法人 後藤学園 武蔵丘短期大学客員教授
【著書】
『健康経営、健康寿命延伸のための「健診」の上手な活用法』出版:株式会社法研(平成27年7月)
【メディア出演】
BSフジ「『柴咲コウ バケットリスト』in スリランカ 人生を豊かにする旅路」(平成28年1月)
NHK教育テレビ「きょうの健康」人間ドック賢明活用術(平成27年5月)
NHKラジオ「ラジオあさいちばん 健康ライフ」健康診断の最新事情(平成25年11月)
  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る