高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年09月29日

身体を潤す食材で秋の乾燥から肌を守ろう

columnphoto

管理栄養士 山本 奈津子

こんにちは! JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。
夏から秋にかけて、手足のかゆみや乾燥が気になりませんか?
秋は空気が乾燥していて、身体の内側も乾燥しやすいとされます。皮膚の乾燥やかゆみだけでなく、体内の乾燥から便秘症状が出る場合も。薬膳では秋に身体を潤す食材を食べるようにすすめられています。

身体を潤す食材とはいったいどんなものでしょう?

●身体を潤す食材
梨、柿、ぶどうなどの果物
大根、蓮根、白ごま、山芋、豆腐などの「白」い食材
秋が旬の果物を朝食やデザートに摂るとよいですね。大根や蓮根、山芋も秋から冬に旬を迎えます。
良いものを積極的に食べる前に、胃腸の調子をまず整えたいですね。夏バテで胃腸の調子が悪い方は、せっかく効果的な食材を食べても上手く消化できず、栄養が吸収できません。冷たいものを食べ過ぎると胃腸の調子が崩れてしまいます。まだまだ暑い日が続きますが、温かいものを食べるように心がけましょう。

●胃腸の調子を整える食材
里芋、山芋など秋が旬のねっとりした「芋」
ねっとりした芋に含まれる「ムチン」は胃腸を保護してくれる効果があります。また、食物繊維も含まれ便秘解消の効果も期待できますね。
胃腸の調子が回復したら積極的に食べたいのが、身体にパワーを与えてくれる食材です。

●身体にパワーを与える食材
鶏肉、牛肉(赤身)、ラム肉などの「肉」
良質なたんぱく質が身体を元気にしてくれます。

毎日の食事で、夏の疲れを癒し、秋の不調から身を守りましょう。

健康管理アプリ JouleLife コラム
https://api.joule.life/wv/columnDetail?cid=113

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 広がる「高齢者家庭のゴミ出し」支援~NPO法人「花たば」の活動と仕組み

    ここ数年、高齢者家庭のゴミ出し支援を行う自治体や団体が増えている。… 続きを読む
  • 花たば図1
聴力補助器Choju 耳が遠いご家族へのプレゼントに最適
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る