高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年11月04日

ダイエット中のおやつの食べ方

columnphoto

管理栄養士 山本 奈津子

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。
涼しくなると甘いものが食べたくなりますね。濃厚なアイスクリームやチョコレート、焼き芋や大福。
ダイエット指導をしていると「食べてもいいおやつはありますか?」という質問をよくいただきます。
「我慢」ばかりするより、どのおやつがどのくらいのカロリーなのかを把握しておいて、「今日は200kcal分なら食べてもOK」などポジティブな決まり事を作るとよいですね。

ダイエット中のおやつの目安は1日100kcalまでと決めるのをおすすめしています。
100kcal分のドライフルーツやナッツを袋に入れて持ち歩いたり、100kcalのおやつの目安量を手帳に書いて置くとよいでしょう。

100kcalのおやつの目安量
クッキーだと 2枚
まんじゅうだと 1/2個
板チョコ 5かけ
飴 4粒

でも、例えば、どうしてもモンブランが大好きで(私の好物なのですが)350kcalあるモンブランを食べたいという場合は、3日間おやつは我慢して、4日目にモンブランを食べるようにすると満足度が高くなります。

それでは、どのおやつがどのくらいのカロリーなのかを見てみましょう。
350kcal:モンブランやショートケーキ
240kcal: 焼き芋(小)
230kcal: まんじゅう(大)や大福
220kcal: 板チョコ1枚
50kcal: クッキー1枚

これらは、大きさによってカロリーが違ってくるので、コンビニやスーパーでおやつを買う場合はカロリー表示をチェックする習慣をつけましょう。好みのおやつのカロリーを自然と覚えるようになりますよ!

背中や太ももなどの大きな筋肉をつけて基礎代謝を上げたり、運動量を増やすことで、少しくらいオーバーして食べてもプラスマイナスゼロになります♪ 好きなだけ食べたい方は、その分しっかり運動量を増やしたり、筋トレして基礎代謝を上げるように心がけてください。

 

健康管理アプリ JouleLife コラム

https://api.joule.life/wv/columnDetail?cid=116

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 「終活で整理したい」「祖父母が残した写真どうする?」思い出のアルバムはデータ化を!

    読者のみなさんは、自宅に何冊のアルバムをお持ちだろうか。独身時代、結婚して子どもができ、さらに孫ができ、その度に撮ってきた写真。… 続きを読む
  • Exif_JPEG_PICTURE
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る