高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年12月09日

ダイエット中におすすめのお肉

columnphoto

管理栄養士 山本 奈津子

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

以前、「まごわやさしい」をオススメさせていただきましたが、お肉は食べない方がいいということではございません。

『まごわやさしい』は、意識して食べないと不足しやすい食材をまとめたものになります。

お肉は普段好んで食べている方も多いと思いますので不足しているという方は少ないのですが、ダイエット中は肉を食べないようにしているという方もいらっしゃいます。

ダイエット中は「たんぱく質」の補給がとても大切ですので、お米などの炭水化物はカットしても、お肉や大豆製品などのたんぱく質は積極的に摂るようにしましょう。

たんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、皮膚・髪の毛・筋肉・内臓などの身体の組織を作る材料になります。たんぱく質が不足すると、筋肉が衰え、代謝が落ちてしまいます。肌や髪がカサカサになる原因にもなります。

ただし、バラ肉などの油脂を多く含む肉はカロリーが高いわりにたんぱく質量が少ないです。

優秀なのは鶏むね肉、鶏ささみ、豚ヒレ肉。油脂が少なく高たんぱく質です。

【お肉の部位をたんぱく質量とカロリーでみると】
 鶏むね(皮なし):たんぱく質 24.4g 121Kcal
鶏ささみ    :たんぱく質 23.0g 105Kcal
豚ひれ     :たんぱく質 22.8g 115Kcal
鶏むね(皮あり):たんぱく質 16.2g 200Kcal
豚バラ     :たんぱく質 14.2g 386Kcal
牛バラ(和牛) :たんぱく質 11.0g 517Kcal
 ※ 100gあたり

部位によってたんぱく質量やカロリーが変わってくるのがわかりますね!ダイエット中は、低カロリー(油脂が少ない)で高たんぱくの部位を選ぶようにしましょう。

 

健康管理アプリ JouleLife コラム

https://api.joule.life/wv/columnDetail?cid=116

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 乳児にハチミツは危険!?知っておこう!祖父母世代とは違う「孫育て」の常識・非常識

    夫婦のいる一般世帯における夫婦共に就業者、つまり共働きの世帯の割合は47.6%だそうだ(平成27年国勢調査就業状態等基本集計結果より)。… 続きを読む
  • 1035307
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る