高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年04月21日

肝(かん)に注目!春の不調を乗り切ろう

ジュールライフ写真1

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。

春が来ましたね!ポカポカ気持ちのよい春のはずなのに、ソワソワ落ち着かない、イライラする、やる気が出ない、めまいがする、そんな症状はありませんか?

★東洋医学の肝(かん)に注目★

東洋医学では、春は「肝(かん)」のコントロールが重要とされています。
肝臓には、食物から吸収された栄養素をからだが利用しやすい形に分解・合成する「代謝」のほか、分解・合成後の栄養素を「貯蔵」する機能、「血流を調整」する機能があります。
東洋医学でいう「肝」には、これらの機能に加えて、精神を安定させたり、内臓の働きをスムーズにする自律神経系をコントロールする役割も担っています。
この「肝」の機能が衰えると、血液の流れが滞り、自律神経のバランスが乱れ、感情の調節が難しくなりやすいです。

春は特に、この「肝」をいたわる生活を心がけましょう。

 

★「肝」をいたわる春の食材★

春の食材にはこの「肝」をととのえる効果があるものが多いです。
あさり、ニラ、春菊、せりなど
 これらの食材は、西洋医学的にも「貧血の予防」に役立ちます。

 

●あさり
血液の材料となる鉄分や造血のビタミンであるビタミンB12が豊富に含まれます。
ジュールライフ写真2

ボンゴレ ビアンコ
補足1:鉄分は赤血球の主要成分であるヘモグロビンの材料。全身に酸素を運ぶ役割があります。
補足2:ビタミンB12は正常な赤血球を作る働きをサポートしています。

 

●ニラ
血液の材料となる鉄分、血行促進作用のあるアリシンが含まれます。
ジュールライフ写真3
レバニラ炒め

 

●春菊・せり
血液の材料となる鉄分が含まれます。
ジュールライフ写真4
春菊のくるみ和え

春野菜や旬のあさりを上手に取り入れて、春を楽しくすごしましょう♪

健康管理アプリ JouleLife コラム

https://api.joule.life/wv/columnDetail?cid=162

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 健康維持の鍵はウォーキングの継続!日本1周8955㎞が目標?バーチャル日本一周「歩こうかい」の活動

    続きを読む
  • 14125287
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る