高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年07月21日

夏におすすめ「お酢」パワー♪♪

JouleLife「夏におすすめ「お酢」パワー」写真1

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。
夏の暑さとだるさ、甘酸っぱいものが食べたいと思うことはありませんか?
夏の暑い中に活動すると、たくさんのエネルギーを使います。汗をかきミネラルと水分も消費されるので、身体は疲れを感じやすくなります。

酸味の代表『酢』は疲労回復の調味料

酢の酸味であるクエン酸や酢酸などの有機酸は、身体の疲労蓄積の予防や回復に役立ちます。クエン酸はエネルギー生成をスムーズにし、酢酸はビタミンCの破壊を防いで活性酸素の発生を予防する働きがあります。
夏バテや、紫外線のダメージから身を守るためにも役立ちそうですね。

 

夏のお弁当にもひと工夫

そしてもうひとつ、夏に活用できるお酢の利用方法が食品の腐敗予防です。酢のpHは2~3.5でこのpHではカビや細菌が活発に活動できません。その為、腐敗を遅らせることができます。お弁当のごはんを酢飯にしたり、おかずに酢の物やピクルスを添えると良いですね。

JouleLife「夏におすすめ「お酢」パワー」写真2

用途に応じて美味しく使い分け

お酢には様々な種類があります。用途に応じて美味しく使い分けましょう。
*穀物酢*
米や麦、とうもろこしから作られる穀物酢は、砂糖と合わせて寿司酢や酢の物、ピクルスや酢豚、サンラータンなどの料理に活用できます。

JouleLife「夏におすすめ「お酢」パワー」写真3
*果実酢*
暑い夏にドリンクとして取り入れるなら、りんごやぶどうから作られた果実酢がおすすめです。炭酸水で割って、好みでハチミツを加えて飲むと、清涼感のある暑い夏にぴったりのドリンクになります。

JouleLife「夏におすすめ「お酢」パワー」写真4

東洋医学的にはストレスの緩和に

また、東洋医学的には酸味は「出すぎるものを体内に保持する」の役割があるとされ、正常な体液を体内にとどめます。肝に働き、自律神経の調整やストレスの緩和に役立ちます。
夏に役立つ「お酢」ぜひご活用ください!

健康管理アプリ JouleLife コラム
http://guide.club.joule.life/posts/2676882

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る