高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年07月25日

戦争の悲惨さ、平和の大切さを訴える資料を展示「文の京区民平和のつどい」開催~7月27日まで

区民平和のつどい

終戦から70年以上の歳月が経過した今日、あらためて平和の大切さを考えていただくため、文京区主催の「文の京区民平和のつどい」が開催されている。

区民平和のつどい2

映画会

題名:
1. 「ジョバンニの島」(原作・脚本:杉田成道/監督:西久保瑞穂/
声の出演:市村正親  仲間由紀恵  ユースケ・サンタマリア  他 )

2.「母と暮せば」(監督:山田洋次/出演:吉永小百合  二宮和也  黒木華  他)

日時:平成29年7月26日(水曜日)
・昼の部/14時30分~16時20分(開場 14時)「ジョバンニの島」
・夜の部/18時~20時15分(開場 17時30分)「母と暮せば」 
※いずれの部も、開場1時間前より会場前にて整理券を配付します。

会場:文京シビックホール小ホール(文京シビックセンター2階)
料金:無料
定員:各300名(先着順)
内容:
1. 「ジョバンニの島」
第二次世界大戦終結前後の北方領土色丹島を舞台に、過酷な運命に翻弄されながらも懸命に生きる兄弟の姿を描いた、実話をもとにした感動のアニメーション作品です。宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」をモチーフとした美しい映像もみどころのひとつです。

2.「母と暮せば」
長崎で助産婦をしている母の元へ、3年前に原爆で命を落としたはずの息子が現れます。親子の温かな日常の交流を描いた、優しくて悲しい山田洋次監督初のファンタジー作品です。原爆により一瞬にして命を奪われた悔しさ、突然消えた最愛の家族や恋人を思う悲しみと痛みを、あらためて考えさせられる作品です。

戦災・原爆資料展

東京都、文京ふるさと歴史館等が所蔵している戦災・原爆関係資料の展示に加え、証言映像等の上映を行います。

日時:平成29年7月25日(火曜日)~7月27日(木曜日)
10時~19時(最終日は17時まで)
会場:ギャラリーシビック(文京シビックセンター1階)
料金:無料
内容:戦災・原爆に関するパネル、資料の展示及び証言映像等の上映
※東京都、文京ふるさと歴史館、広島平和記念資料館が所蔵する資料を展示します。

お問い合わせ先:
〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター16階南側
総務課
TEL:03-5803-1139
FAX:03-5803-1334

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る