高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年08月09日

暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう

ジュールライフ「暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう」写真1

JouleLifeヘルスコーチ、管理栄養士の山本奈津子です。
暑い季節は、食べ物を常温で置いておくと菌が繁殖し、食中毒の原因となります。吐き気、嘔吐、腹痛、下痢などの症状は、汗をかいて脱水症状がおこりやすい夏にはかなり危険です。特にお年寄りや小さなお子供には注意が必要ですね。
菌が繁殖していると、カビが生えたり、味や匂いが普段と違ったりと目や鼻や舌でわかる場合もあります。ただし、菌の繁殖は見た目や匂いではわからない場合もあるので、注意をして正しい知識で予防しましょう。

食中毒の原因菌とちょっとした工夫での予防法

・カンピロバクター

肉類、肉の内臓など
潜伏期間 2~7日
主に肉の生食で感染する。肉類はしっかり加熱して食べること。

ジュールライフ「暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう」写真2

・サルモネラ

鶏卵、鶏肉など
潜伏期間 5~72時間
生卵をなるべく避けて温泉卵などにし、賞味期限切れの卵は食べないことと、特に高齢者や妊婦、小さな子供等は卵の生食は控えるのが望ましいです。

ジュールライフ「暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう」写真3

・黄色ブドウ球菌

人の手の傷、鼻水や唾液
潜伏期間 1~6時間
人の手を使って作るおむすびやサンドイッチで注意が必要。夏場は特に手袋やラップを活用して作りましよう。

ジュールライフ「暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう」写真4

・腸炎ビブリオ

魚介類
潜伏期間 8~24時間
4度以下ではほとんど繁殖しないため、魚介類を持ち帰る場合は必ず凍りや保冷剤を使うようにし、短時間でも冷蔵庫へ入れましょう。

ジュールライフ「暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう」写真5

・ウエルシュ菌

肉や魚介類を使用した煮込み料理
潜伏期間 6~18時間
空気が嫌いな細菌で、カレーなどの煮込み料理の中で増殖します。
熱に強い菌もいますが、ほとんどの菌は熱に弱いです。75度で1分以上の加熱を心がけ、菌が繁殖しやすい夏場の常温で放置は避けましょう。

ジュールライフ「暑い夏 ちょっとした工夫で食中毒を防ごう」写真6

健康管理アプリ JouleLife コラム

http://guide.club.joule.life/posts/2741714

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る