高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年12月22日

肌がガサガサ・白い粉を吹いている人は要注意。肌荒れを放置しないで/冬の肌荒れ(1)

pixta_21300040_S

肌荒れ・湿疹の放置は全身の炎症にもつながる

空気が乾燥すると、お肌がカサカサしやすくなりますね。料理や食器洗いで手が荒れる、あるいは、洋服がお肌にこすれてかゆくなることもありがちです。 年を重ねると乾燥肌で困ることが多くなります。

「ご高齢の方は、皮膚の表面のバリアともいうべき皮脂の分泌量が減り、肌の乾燥によってちょっとした刺激でも炎症を起こし、湿疹が生じやすくなります。これを皮脂欠乏症といいます その状態を改善するには、皮膚の保湿を正しく行うことが重要になります」と、石地尚興先生は説明します。

皮脂欠乏症は、加齢とともに誰にでも起こり得る症状ですが、皮膚のバリア機能が破綻しているため、かゆい部分をかいてしまうと炎症はどんどん広がっていきます。最初は手や腕だけだったのが全身に及ぶこともあるので注意が必要です。

「皮脂欠乏症を悪化させると、 全身が真っ赤になって皮膚がはがれ落ちる湿疹続発性紅皮症につながります。微熱が生じ、全身の皮膚から水分が蒸発することによる脱水症状、バリア機能 が破綻することによる細菌など の感染症も」と石地先生。

湿疹続発性紅皮症による感染症では、血液に入り込んだ細菌類が全身に回り、体の抵抗力がそれに負けてしまう敗血症となり、命に関わることも。乾燥肌を放置しないことが大切です。

ご存じですか? 「皮脂欠乏症」

どんな特徴があるの?
▶ 脚(特にすねの外側)や腕、背中、 腰、脇腹などのかゆみ、痛み
▶ 浅い亀裂、ひび割れがある
▶ ガサガサしている
▶ 白い粉を吹いている

なりやすい人は?
▶ せっけんや洗剤を よく使用する人 (美容師、看護師、主婦など)
▶ 毎年、冬になると 体がかゆくなる人
▶ 乾燥肌だと思う、 または乾燥肌と医師に 言われたことがある人
▶ アトピー性皮膚炎など、 もともと皮膚に 疾患がある人
▶ 洋服の摩擦によって、 かゆみがひどくなる ことがある人
▶ 高齢者

放置すると
▶ 重症化して、かゆみや痛みが増す
▶ 全身の皮膚が真っ赤になり、皮膚がはがれ落ちる(紅皮症)
▶ 広範囲の湿疹は、敗血症など の感染症につながることも


石地尚興(いしじ・たかおき)先生

いしじ・たかおき 東京慈恵会医科大学附属病院皮膚科診療副部長。同大学教授。1984年京都府立医科大学卒。日本皮膚科学会認定皮膚科専門医、日本アレルギー学会専門医・指導医、日本性感染症学会認定医。患者に分かりやすいスキンケア指導でも定評がある。


【関連記事】

この記事は『毎日が発見ネット』に掲載の情報です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 「終活で整理したい」「祖父母が残した写真どうする?」思い出のアルバムはデータ化を!

    読者のみなさんは、自宅に何冊のアルバムをお持ちだろうか。独身時代、結婚して子どもができ、さらに孫ができ、その度に撮ってきた写真。… 続きを読む
  • Exif_JPEG_PICTURE
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る