高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2016年11月01日

つらさを抱えつつ生きる…「サバイバー」とは?

%e3%82%b5%e3%83%90%e3%82%a4%e3%83%90%e3%83%bc

大病や大災害、虐待などの被害に遭いながら、そのダメージを乗り越えた人のことです。
東京都知事選の際に立候補した鳥越俊太郎氏は「がんサバイバー」を自認しています。
病気や虐待からの「完全な回復」は容易ではなく、つねに後遺症や記憶が突然よみがえる「フラッシュバック」と向き合いながら生きなければなりません。
災害などの場合、「自分だけ助かってしまった」という後悔に苛まれる「サバイバーズギルト」という精神状態に陥ることもあります。
そのつらさを心身に抱えながら生きることへの敬意が込められた呼び名といえます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 「終活で整理したい」「祖父母が残した写真どうする?」思い出のアルバムはデータ化を!

    読者のみなさんは、自宅に何冊のアルバムをお持ちだろうか。独身時代、結婚して子どもができ、さらに孫ができ、その度に撮ってきた写真。… 続きを読む
  • Exif_JPEG_PICTURE
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る