高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年02月21日

ロングからショートへイメチェンした後は髪を寄付!「ヘアドネーション」を知ろう!

ニュースワード「ヘアドネーション」

医療用カツラなどの材料として髪の毛を寄付することです。
これまで薬の副作用で髪の毛が抜ける人に提供されてきた医療用カツラは、高額なオーダーメイドか、サイズの限られる量産品かの二種類でした。子ども用のものが商品化されていないという問題もありました。
近年オーダーメイドカツラを、頭髪の悩みを持つ子どもたちへ無償提供するNPOが創設され、全国から材料となる髪の毛の寄付を募っています。
寄付の最小単位は、31センチ。31センチ以上の長さがある人は美容室や自宅で切った髪の毛を郵送で寄付できます。寄付行為に理解のある美容院を選びましょう。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る