高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年08月21日

在宅前提の介護サービスの拡大版「新型多機能ホーム」とは?

ニュースワード「新型多機能ホーム」画像

介護が必要な高齢者に、在宅を前提に多様なサービスを提供する「小規模多機能ホーム」の拡大版です。
政府が導入を計画していますが、これまでの定員25名を50名まで増やすという点に「小規模ならではの良さが失われる」との批判の声が上がっています。

長期入所が前提の「特別養護老人施設」とちがい、住みなれた自宅に暮らしながら

①ホームへ通ったり
②短期宿泊したり
③自宅を訪問してもらったり

と、自由に選択できるのがこれまでの「多機能ホーム」の特徴でした。現状は介護度の軽い人に多く利用されています。
全体の定員を拡大し、「中~重度」の人の受け皿にもさせようというのが国の意向です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る