高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2017年12月19日

睡眠6時間は短い?ちょっとした寝不足が慢性化すると危険?…「睡眠負債」とは

ニュースワード「睡眠負債」

睡眠不足が連日続くことをいいます。
少額の借金もためると破産する恐れがあるように、「ちょっとした寝不足」が慢性化すると重篤な病気や認知症発症につながりかねません。

平均的な日本人は、毎日の睡眠時間は約6時間とされます。これは世界的に見れば短く、米国の研究では6時間睡眠が2週間続くと、脳の動きは2晩徹夜したのと同じ状態になることが明らかになっています。
いつも平日は寝不足で、休日に「寝だめ」するタイプの人は危険信号。平日の無理を取り戻そうと体が無理をしているのです。
質の良い睡眠には「就寝前にスマートフォンに触れない」「入浴1時間以内に寝る」が肝心です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 「終活で整理したい」「祖父母が残した写真どうする?」思い出のアルバムはデータ化を!

    読者のみなさんは、自宅に何冊のアルバムをお持ちだろうか。独身時代、結婚して子どもができ、さらに孫ができ、その度に撮ってきた写真。… 続きを読む
  • Exif_JPEG_PICTURE
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る