高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

ニュース

2018年05月31日

戦争遺産や災害現場などから学ぶ~「ダークツーリズム」について

ニュースワード「ダークツーリズム」

いわゆる名所観光ではなく、戦争遺産や災害現場などを訪れる旅行のこと。

虐殺(ポーランドのアウシュビッツ収容所)や強制労働(日本の九州や北海道の炭鉱)、原発事故(福島県、チェルノブイリ)などの現場で人類の「負の歴史」を学び、再発防止の意識喚起をするねらいがあります。炭鉱労働者の住居跡が残る軍艦島などは、映画の撮影地として利用され人気も高まりました。

今年は明治維新から150年。近代化のきっかけとなった明治維新ですが、「新産業育成」が強引に推し進められた結果、栃木県では足尾銅山の鉱毒事件が起き、各地の炭鉱では韓国人の徴用工が働かされた歴史があります。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る