高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2016年09月02日

2016年8月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

一 席

子等の声公園になし濡れながら卯の花腐(くた)しを恨むぶらんこ

上田 昭子

「卯の花腐し」とは、卯の花が咲く頃の長雨の事。子供たちを待ち侘びるぶらんこを主語にして、梅雨の憂鬱を表現しました。

二 席

雨止みて舗道に生(あ)れし水溜り五月の空と雲を映せり

松尾 勝造

水溜りという小さな空間に、初夏の爽やかな景色を凝縮させました。

三 席

生き急ぐ十代の子と語り居て逝きし詩人の面影を見る

福田 浩明

懸命に頑張っている、しかしどこか危うさの漂う若者でしょうか。そこに作者が感じた詩人とは誰だったのでしょう。

佳作秀歌

揚げ雲雀今年も無事にここへ来ぬ「五月十三日雲雀来る」と記す

王田 佗介

日記に書いたというだけの淡々とした表現に、今年も来たという嬉しさが溢れています。

新緑の林の影を映したる水面に釣り糸垂らす人あり

飛田 芳野

鳥の声さえ聞こえてくるような静かな情景が浮かびます。

我が庭にはじめて咲きし薔薇の花と友惜しげなく切りて差し出す

石野 文子

初めて咲いた大事な薔薇を惜しげなく切って作者にくれたご友人。嬉しいですね。

溶接工の散らす火花の大中小それぞれ床へ届かずに消ゆ

荻野 徳俊

溶接する際に散る火花。どれも床までは届かずに散ってしまう一瞬の美しさです。

雨宿り遠い昔のローマンス青春時代の一こまよぎりぬ

村上 重晃

雨宿りした軒先に、偶然可愛い女性が駆け込んできたのでしょうか。大事な思い出です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る