高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2017年07月06日

2017年6月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

一 席

スキップの少女春風連れながら菜の花畑を遠ざかりゆく

櫓木 香代子

春の光景をさわやかに詠みました。結句「遠ざかりゆく」の動きが余韻を感じさせます。

二 席

目白来て枝移りする梅の木にまた二羽の来て始まる輪唱

上田 昭子

まず一羽が来て鳴いている梅の枝に、また二羽が来て声が美しく重なっている。素直で的確な描写が印象的です。

三 席

外猫の皿に手つかぬ餌あればあやぶみ覗く日暮れは寒し

塩谷 千鶴子

猫を愛する作者ならではの歌。餌を食べていない猫を心配する気持ちが、結句「日暮れは寒し」にも反映されています。

佳作秀歌

久しぶりに妻の奥津城(おくつき)訪ぬれば入り口に咲く蒲公英ひとつ

松尾 勝造

「奥津城」とは墓所の事。奥様の墓の入り口に咲いていたタンポポに、気持ちが癒された作者でしょう。

一台のテレビに家族集まりし茶の間あたたかき昭和恋しも

宮本 ふみ子

家族を繋げるものが少なくなりましたね。昭和が古き良き時代になってしまいました。

家は焼け食べ物はなく職もなき戦後の日々を孫に語れど

藤本 洋子

結句「孫に語れど」の後に、言葉にならない言葉を感じ切なくなります。

新聞に事故や事件の記事多し外に音なく春雨の降る

勝亦 はる江

毎日起こる事故や事件に心が痛みますが、その気持ちを下の句で表現しました。

バックして道を譲りし我の顔見向きもせずに車走り過ぐ

王田 佗介

そういう人が多くなりましたね。でも、他人の事は気にしない気にしない。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

  • 今注目の記事!
  • 乳児にハチミツは危険!?知っておこう!祖父母世代とは違う「孫育て」の常識・非常識

    続きを読む
  • 1035307
トップへ戻る ホームへ戻る