高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年07月31日

「窓あくる瞬時ひとひら舞い込こみし蒲公英の種風に返しぬ」2018年7月入選作品|老友歌壇

老友新聞2018年7月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

窓あくる瞬時ひとひら舞い込こみし蒲公英の種風に返しぬ

松尾 勝造

タンポポの種をそっと風に返した。日常のひとこまを春の気分に満ちた一首にしました。「風に返しぬ」が秀逸です。

二 席

病重き友を見舞いて戻るみち白白と咲く十薬の花

山岸 とし子

重病の友人を見舞って心の重い帰り道。目に入った十薬の白さが、作者の様々な思いを象徴しています。

三 席

綿菓子の紅ブラウスに付けしままあどけなく笑む新妻なりき

福田 浩明

奥様がまだ若かった頃の思い出。初々しかった姿を時折思い出す作者でしょうか。有名なこの歌を思い出しました。
なめらかな肌だったっけ若草の妻ときめてたかもしれぬ掌は
佐佐木 幸綱

佳作秀歌

老いの髪をかくすつば広夏帽子「お似合いですよ」と触れてゆく風

上田 昭子

夏帽子を出して被ってみた、季節の始まりへの心躍りがよく表現されています。

小手毬の白々と咲くこの夕べ亡き妻のこと深く想いぬ

山東 二郎

楚々とした小手毬の姿とその白さが、亡き奥様の姿を想像させます。

短歌詠むも限界なるかと夜の更けを思考なきまま日記にしるす

仲野 まつ乃

歌ができなくて悩んでいるのは誰しも同じ、限界はありませんよ。続けましょう!

芋植える傍に雉きて羽開く目玉くるくる西日に輝く

勝亦 ふさ子

逃げもせず作者の傍に来て羽を開く雉。目玉が西日に輝いてさぞ可愛い事でしょう。

町内の凧揚げ主催せし我は今は見るのみ窓越しの凧

杉山 勝治

以前は凧揚げ大会を主催されていた作者。今は窓越しに見るしかない凧、寂しいです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る