高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2017年11月14日

「平和記念資料館前に「語り」聞くしんしんと鳴く木陰の蝉よ」2017年10月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

老友新聞2017年10月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

平和記念資料館前に「語り」聞くしんしんと鳴く木陰の蝉よ

山岸 とし子

沖縄の平和記念公園を訪ねた際の歌。「しんしんと」に蝉の声と共に戦没者の声も聞く作者の感性が表現されています。

二 席

大いなる悩みひとつをほぐし得て向き立つはいぜん沛然たるこの雨に

松尾 勝造

悩みがほぐれた時の気持ちをよく表現されました。「沛然」には「降る」の意が含まれるので、原作「沛然と降る」をこのようにしました。

三 席

廃屋の荒れ寂れたる庭隅に天へ向かいて昼顔の咲く

王田 佗介

荒れた庭隅と、天に向かって力強く咲いている昼顔との対照的な景が、作者の心を動かしました。

佳作秀歌

里芋の葉の露あつめ墨をすり短冊書きし兄妹四人

井口 照代

七夕の朝の、芋の葉に溜まった水で墨をすり字を書くと、字が上手くなったり作文が上手になるといわれています。

卒寿すぎ未だ手先は衰えず刺し子雑巾を日毎縫い継ぐ

石野 文子

刺し子の雑巾はきれいで、使うのが勿体ない程です。これからも縫い続けて下さいね。

年寄は惚けるくらいが可愛いと喜寿の息子がつぶやくを聞く

仲野 まつ乃

しっかりしすぎても……と作者。しっかりしているに越した事はありません。

桑の葉に射せる夕陽に空蝉が茶色に透きて光り輝く

荻野 徳俊

夕陽に光る脱け殻は、蝉の短い一生を思わせてちょっと物悲しくもあります。

最終の列車を待ちし君が影遠距離の恋重く果てなく

福田 浩明

遠距離の恋をしていた頃の思い出でしょうか。深夜の駅の空気までが伝わってくるようです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

  • 今注目の記事!
  • 増える高齢者の「国内移住」~認定NPO法人「ふるさと回帰支援センター」高橋理事長に聞く

    読者の中には移住に興味をもっている方がいらっしゃるのではないだろうか。… 続きを読む
  • 増える高齢者の国内移住写真1
見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る