高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2017年12月11日

「子供らの水鉄砲は弧を描き小さき銀の水玉散らす」2017年11月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

老友新聞2017年11月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

子供らの水鉄砲は弧を描き小さき銀の水玉散らす

荻野 徳俊

水鉄砲の水が無数の光となって散る様子を「銀の水玉」が散っているようだと感じた作者。夏の一瞬の感動を切り取りました。

二 席

北の大地に初出勤の孫は今日「十勝日誌」なる菓子送りきぬ

宮本 ふみ子

北海道に赴任し初出勤の日に、お孫さんから感謝を込めてお菓子を送ってきたのでしょう。読者にも嬉しさが伝わります。

三 席

老い重ねいずれか一人残る日に互いに触れず庭の草引く

若松 政夫

初めてのご投稿でしょうか。夫婦のどちらかが残る日のいつかは来る事を思いながらも、互いに触れずに黙って草を抜く心情が共感を呼びます。

佳作秀歌

席譲る眉美しき少年の胸の校章は吾が母校のもの

福田 浩明

「眉美しき少年」で、端正な面立ちやきちんとした立ち居振舞いが想像されます。

暑き日はここまでで良しと妥協せりわが席にのみ掃除機かけて

山岸 とし子

暑い日は無理をせずできるところで止めておきましょう。自然な表現がいいですね。

遠き地の知らぬ女(ひと)より便り来ぬ老友新聞の力を思う

小林 良一

「私の散文をほめてくれました。初めてです」と作者。どんなに嬉しかったでしょう。

夕顔のむらがり咲けるこの夕べ甘き匂いが白蛾を呼べり

山東 二郎

夕顔の甘い匂いに誘われて白蛾が集まってくる夏の夕方のひと時。映像が浮かびます。

この夏の思い出語り尽くすごと声張り上げて鳴く法師蝉

王田 佗介

短い命を生きる間の、蝉には蝉の思い出があると思わせてくれる歌です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る