高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2016年05月01日

2016年5月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

一 席

何もかも包みかくして春を待つ岩手の雪を恨むこと無し

林 良一

雪国に住む者にとって冬は雪との戦いでしょう。その雪を恨まず、雪と共に静かに春を待つ作者の姿に共感を覚えます。

二 席

初夏(はつなつ)の舌に転がす干葡萄恋を知り初めし頃の苦しさ

福田 浩明

初夏という爽やかな季節と干葡萄という甘酸っぱさの中に、初恋のにがさ苦しさが際立ちました。

三 席

フウフウと熱いご飯に幼児は口をとがらせ北風を呼ぶ

葛西 ヤヨヒ

幼児だからこそ「北風を呼ぶ」と捉えたのでしょう。作者独自の感性、表現が活きています。

佳作秀歌

病む床に我が手を握り安らかに眠るが如く妻は逝きたり

金澤 忠男

奥様ご逝去の様子をよく詠われました。辛い事実ですが、詠って文字に留めておく事は大切なことと思います。

腰掛を引きづり引きづり二十五個のジャガイモ植えぬ西風(にし)ゆるむ日を

井口 照代

「腰掛を引きづり引きづり」という具体的な動作に、風景が見えるようです。

二年以上見舞い続けてこの日頃励ましの言葉見当たらなくなる

荻野 徳俊

ご友人かあるいはもっと近しい間柄の人でしょうか。病人ご本人も勿論ですが、見舞う人も辛いですね。

患者等は無言で集い夕日見る我も加わり身動きもせず

五木田 時子

「友を見舞う」と題された四首。どの歌にもご友人を思う気持ちが溢れています。

ぎしと鳴る豆狸の森の竹林春の日暮れに物の怪のごと

上田 昭子

「豆狸の森」という可愛らしい名前でも、日暮れにぎしぎし鳴ると怖いですよね。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

オーディオサウンド
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る