高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2022年04月13日

「コロナ禍でマスクの海に染まる街」2022年4月入選作品|老友川柳

老友新聞2022年4月号に掲載された川柳入選作品をご紹介いたします。(編集部)

天 位

コロナ禍でマスクの海に染まる街

中川 栄子

二年前までと街頭の風景を一変させたマスク。その規模感を「海に染まる」と表現した思い切りに感動。面積ではなく、意味合いが問題なのですね。

地 位

御朱印を溜めて元気な老い夫婦

原島 幸男

行動を自粛されている高齢者がまだまだ多い中で、実際に神社に足を運んでの参拝を続けているご夫婦。絆と同時に、元気に生きる知恵を感じます。

人 位

川柳になら語れます胸の内

阿部 良子

本音を告げる相手が見当たらないのは、つらいですよね。そんな中、川柳という文芸作品に想いを込めるのは、救いであり、切なさでもありますね。

五 客

母からの旬一杯の愛届く

鈴木 曻

古里にいる母親から届く採れたての野菜たち。敢えて感情には触れず、「愛」が届いたと表現したのがオシャレですね。

ウオーキング一番乗りの雪の道

本庄 一郎

毎朝日課にしているウオーキング。雪が積もった道に最初に足跡を付けて歩く心地よさを通じて、元気さも伝わりますね。

古日記時間が戻りいま乙女

田中 和代

昔書いた日記を読んでタイムスリップ。ここまではありがちですが、日常に戻っても心は乙女だなんて、お茶目ですね。

また一人友は逝くなり冬景色

藤本 洋子

寂しさ侘しさの極地を、川柳というより俳句調で切り取る手腕に驚きました。それでも我は生きている、ということですね。

風鈴の音色に心澄まされる

細川 ミキ

寒い時期の風鈴には、どういう効果があるのでしょうか。浄化を意味する「心澄まされる」の語に非凡なものを感じます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

高齢者に忍び寄るフレイル問題 特集ページ

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る