高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

2017年04月17日

働き方改革~社員の兼業・副業「禁止」が8割 長時間労働で心身の疲れ問題視

8361560

リクルートキャリアが兼業・副業に対する企業の意識調査を実施したところ、「(正社員は)禁止」と答えた企業が全体の約8割でした。
禁止の理由は、「社員の長時間労働・過重労働を助長する」が最多で、以下「情報漏えいのリスク」「労働時間の管理・把握が困難なため」などが続いています。
国は兼業・副業を企業に解禁させる方向で動いており、「一企業に縛られない新しい働き方」としてアピールしていますが、複数社で働くことで生じる心身の疲れを各企業が問題視していることがわかります。
一方で、「他社で働く人を自社で兼・副業者として受け入れているか」という質問に「受け入れていない」と回答した企業のうち、「(今後については)検討中」「検討したい」との回答が1割近くありました。

くらしと統計「兼業・副業「禁止」が8割」

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

  • 今注目の記事!
  • 広がる「高齢者家庭のゴミ出し」支援~NPO法人「花たば」の活動と仕組み

    ここ数年、高齢者家庭のゴミ出し支援を行う自治体や団体が増えている。… 続きを読む
  • 花たば図1
聴力補助器Choju 耳が遠いご家族へのプレゼントに最適
  • 人気記事ランキング

  • ビルベリーの48倍 ブルーべりはー実より葉
    トップへ戻る ホームへ戻る