高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

コラム

玉木正之のスポーツ博覧会

玉木正之のスポーツ博覧会

2019年02月07日

オリンピック公式記録映画はどんなモノになるか?

2020年御東京オリンピックの公式記録映画の監督が、国際映画祭などで数々の受賞歴のある河瀬直美さん(49)に決まった。

これは大変な仕事だ。なぜなら2週間位渡って繰り広げられる「人類の祭典」「スポーツの祭典」「平和の祭典」を3時間程度の映像にまとめるのだ。

市川崑監督が公式映画を製作した1964年の映画の場合、総予算が3億7千万円(現在の価値では約10倍!)。103台のカメラと232本のレンズを使って、総勢500人のスタッフが、70時間分にも及ぶ映像を撮った。

それを半年以上かけて約3時間にまとめた結果、完成時は元五輪担当が「記録性がない」と酷評。「記録か芸術か」という大論争にまで発展した。が、現在では「史上最高のスポーツ映画」と評価する声が多い(私もそう思う)。

生前の市川監督から、次のようなエピソードを聞いたことがある。

サッカー会場だった駒沢競技場で撮影中、10人ばかりのお婆さんたちに出逢い、彼女たちに「オリンピックはどこでやってますか?」と訊かれた。

日本中がオリンピックに大騒ぎしているので、お婆さんたちも見物に来たが、そこでは男たちがボールを蹴っているだけ。そこで「オリンピックはどこで?」という質問になったのだが、その質問を浴びせられて以来市川監督は、「オリンピックとは何か?」「スポーツとは何か?」を考え続け、「人類は4年に一度夢をみる」という言葉に辿り着いた。そして、4年に一度の平和の祭典。「これを夢で終わらせていいのだろうか?」という言葉で映画を結んだ。

河瀬監督は「ボランティアの活動にも目を向けたい」と発言・新しい記録映画は半世紀前のものとは全く違うモノになりそうだ。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

玉木 正之
  • スポーツライター 音楽評論家 小説家

新聞や雑誌で執筆・評論活動を展開するほか、TV・ラジオ番組に多数出演。主著に『スポーツ解体新書』『不思議の国の野球』『オペラ道場入門』他多数。

日本老友新聞・新聞購読のお申込み
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る