高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年07月09日

「信号を見つめて一歩新入生」2018年6月入選作品|老友俳壇

老友俳壇

老友新聞2018年6月号に掲載された俳句入選作品をご紹介いたします。(編集部)

信号を見つめて一歩新入生

元松 五月

この新入生は小学一年生です。青信号で渡ることをしっかり教わったのでしょう。緊張して信号を見つめる様子に初々しい通学ぶりが伝わります。

曲るたび匂いのかわる春の風

王田 佗介

花々や木々の匂いなど春の戸外は確かに芳しい匂いがします。その香りを運んでくれるのは春風です。曲るたびに春が来ている喜びを感じそうです。

春夕焼夫の遺言何もなし

近藤 貞子

せめて遺言ぐらい残して欲しかった、大切な人を失ったつらさが少しは癒されるかもしれない。遺された人のそんな心情が季語に託されています。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る