高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年01月09日

「メモ帳に鉛筆はさみ小袋に小さき抒情を書きとむる朝」2017年12月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

老友新聞2017年12月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

メモ帳に鉛筆はさみ小袋に小さき抒情を書きとむる朝

櫓木香代子

思いついた時、手近にある物にすぐ書き留める。誰でも経験する事でしょう。短歌は「小さき抒情」の積み重ねかもしれません。

二 席

駆け乗りてきたる乙女がネックレス直す姿をガラスが映す

荻野 俊徳

最終電車かバスか、夜の車窓に、息を切らしながらネックレスを直す若い女性が映っている。日常の一コマながらドラマ性があり、印象的な作品です。

三 席

灰色の空に一瞬金色の光幾すじ日の沈む時

多田シズモ

日の沈む数分間の美しい光景をよく捉え的確に表現されました。自然の美しさの描写はなかなか難しいものです。

佳作秀歌

老い深むことの寂しさ 北国の秋のふるさと空蒼からむ

上田 昭子

深まる老いの中で、変わることのないものとしての故郷の空の蒼さを抱き続ける作者。

同じ空も園児が描けばさまざまに早や芽生えたる感性の色

鈴木 曻

空だから青色、とは限らない自由な子供の心。大人がとうに忘れてしまった新鮮な感性です。

紫に珠は光りて夜にあり源氏の世界へ古典の中へ

岡本 政子

紫式部という花の名に触発された作品。夜にその名の花を見て、『源氏物語』へ思いを馳せました。

歌会終えたどり帰りし玄関にカサブランカの咲き匂いみつ

塩谷千鶴子

カサブランカという華やかな名前が効果的です。歌会の軽い疲れも想像させます。

暁に鈴虫の声聞こえきて妻の遺影を持ち来て聴かす

松尾 勝造

明け方に聞こえた鈴虫の声。亡き妻にも聞かせたいという作者の気持ちが心を打ちます。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る