高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2018年10月02日

「絶え間なく潮鳴りとどく病棟に雨強く降る梅雨入り近し」2018年9月入選作品|老友歌壇

eyecatch_tanka

老友新聞2018年9月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

絶え間なく潮鳴りとどく病棟に雨強く降る梅雨入り近し

上田 昭子

潮鳴りと強い雨音に梅雨入りを感じている作者。不穏な音が、入院生活の不安を表現しています。

二 席

川土手の竹藪の中うぐいすのしきりに鳴けり梅雨の晴れ間に

宮本ふみ子

鬱陶しい雨続きの中、うぐいすの声にほっとする「梅雨の晴れ間」の気分がよく出た一首です。

三 席

長き間夫が過ごしし沖縄に泡盛の小瓶求め帰りぬ

山岸とし子

豪華な物ではなく泡盛を、しかも小瓶を買い求めた慎ましさに、夫への想いが伝わるしみじみと良い一首です。

佳作秀歌

山峡(やまかい)の一つ灯りの今し消ゆなりはひ終へて寝に就けるらし

青柳 忠良

山峡に暮らす人の生活を詩的に捉えて魅力的な作品です。旧仮名を使われているので、表記はそのままにしました。

雨降りて硝子の窓に水玉が生まれては落つ生き物のごと

松尾 勝造

水玉が生まれては落ちる、やや強い雨の様子や窓を打つ音までもが想像されます。

蜘蛛の巣の雨の滴がプリズムに変わり輝く夢みるごとく

天野 照華

雨にキラキラ光る蜘蛛の巣。その美しさを夢みるようだと感じた作者です。

墓じまいしたる知人の跡地には茂るがままの草のあふれる

鈴村 三保子

あふれる程の草の様子を淡々と描写する事で、墓仕舞した知人に対する作者の心情が浮き上がります。

あじさいの花が咲いたよ君に似た白く大きな花が咲いたよ

杉山 勝治

北原白秋の『からたちの花』を思わせるロマンティックな一首。幼い頃に歌った歌が作者の心の中にあるのでしょうね。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
日本老友新聞・新聞購読のお申込み
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る