高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2020年06月08日

「足裏に何か触れたる心地して見れば舗道の狭間のすみれ」2020年6月入選作品|老友歌壇

老友新聞2020年6月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

足裏に何か触れたる心地して見れば舗道の狭間のすみれ

上田 昭子

何かを踏んだような気がして立ち止まり発見した小さな春。読者をその場面に誘い、春の気分を共有させてくれます。

二 席

数本の脚をのぞかせ路地裏の立ち食いそば屋の暖簾が長し

荻野 俊徳

立ち食いそば屋の暖簾に着目しました。長い暖簾は店と外界とを遮り、客の一時の平安を守っているようです。

三 席

鏡に向きしみじみ老いの皺ふかき顔に大きなマスクつけたり

宮本 ふみ子

コロナ禍に対する静かな、しかししっかりとした構えが「しみじみ」という一語に凝縮されています。

佳作秀歌

鳥語など分かればいかに楽しかろう今朝の雀と話をしたし

松尾 勝造

本当にそうですね。昔読んだ『きき耳頭巾』を思い出します。

一日を誰と話すこともなく夕焼け空にさよならを言う

岡本 政子

朝から誰とも話さず一日を終えてしまった。せめて夕焼け空にさよならを言う。明日は誰かと話したいですね。

二人静そのやさしさに日にいくど歩みよりたり青草の中

岸 慶子

比較的大きな葉の緑色に、白い小さな花が可憐に映える二人静。気持ちがざわつく時に何度も見たい花です。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

トップへ戻る ホームへ戻る