高齢者のための情報サイト【日本老友新聞】

老友新聞
ルーペ

趣味

2019年01月11日

「ふりむけど人影もなき川堤憤怒のごとく曼殊沙華燃ゆ」2019年1月入選作品|老友歌壇

老友新聞2019年1月号に掲載された短歌入選作品をご紹介いたします。(編集部)

一 席

ふりむけど人影もなき川堤憤怒のごとく曼殊沙華燃ゆ

王田 佗介

誰かに呼ばれた気がして振り向いたが、そこには曼殊沙華だけが「憤怒のごとく燃」えていた。その場の印象を鮮やかに捉えて見事です。

二 席

望郷の秋空果てしなく青くみちのくは今通草(あけび)食む頃

上田 昭子

秋。青く青く広がる故郷の空と、あけびを食べる頃だなぁという感慨がしみじみと伝わります。原作の「蒼」は弱々しい印象を与えるので「青」としました。

三 席

朝霧の晴れるを待ちて濯(すす)ぎもの干せば残月高きに浮かぶ

岸 慶子

早朝、洗濯物を干している時の光景を印象的にまとめました。ぜひお続け下さいね。

佳作秀歌

秋風が風紋残しゆく道に紅ひと葉落ちて浮きたり

荻野 徳俊

紅葉した葉が一枚、ひらひらと落ちて又風に浮いた。一瞬の美しさを切り取りました。

蒼穹を群れとぶ雁よかぎになりぼうになりして山の彼方へ

岡本 政子

群れ飛ぶ雁の様子を作者独自の表現で詠いました。「かぎ」と「ぼう」を漢字にするとより分かり易くなるでしょう。

スタートの揃わぬ園児の運動会親を目指す子その場で泣く子

櫓木 香代子

運動会での園児の可愛らしい様子がよく表現されて、声まで聞こえてきそうです。

この記事が少しでもお役に立ったら「いいね!」や「シェア」をしてくださいね。

あなたの作品を発表しませんか?

趣味のコーナーでは、作品募集をしております。各分野の著名な先生が選評、アドバイスもいただけます。

 ご応募には、紙面の応募券が必要です。

見学受付中!長寿の森
見学受付中!長寿の森
  • 人気記事ランキング

  • トップへ戻る ホームへ戻る